東京のお菓子の学校に通うこと

東京のお菓子の学校に通うこと

東京でお菓子について学ぶ場合は専門学校に通うことが大事になります。

プロのパティシエには食べて美味しいだけではなく見た目が美しいものを作る技術が求められます。



パティシエのスキルや経験を積む方法として最も最適なのは、東京のお菓子の専門学校を卒業しそのあとお店で修行をするといった方法になります。



お店で修行をしたあとの独立という流れです。

現在東京でパティシエとして活躍をしている人の大半はきちんと専門学校で技術を学んでそこからお店に入って修行をして経験を積まれています。

少し前は中学校とか高校を卒業してからすぐにお菓子屋さんやケーキ屋さんとかレストランの製菓部門に就職をするのが一般的でした。



でも最近はパティシエを目指す人が増加傾向にありますし、お店側も即戦力として期待できる人を採用したいと考えるところが増えてきています。

つまり未経験では残念ながらどこからも雇ってもらうことができません。東京の製菓専門学校では実習と講義がカリキュラムの2本柱となっており、製菓実習は洋菓子の基本となるフランス菓子をはじめとしていろいろな種類のお菓子作りの基本を学んでいきます。

そのほかにも食品衛生学を学び、食中毒とか傷んだ食品の見分け方や保存法とか飲食業に必要な衛生知識を学んでいきます。


一流の講師から技術とか知識を学ぶことができますし有名店で研修ができる機会があったりしてメリットが多くあります。

また同じ夢を持つ仲間とも出会えます。