東京の製菓専門学校の多様性

多くのパティシエが通る道に製菓専門学校があります。昔ならば高校を卒業してすから、すぐにお菓子屋やレストランに就職するのが主流でした。しかし現在の時代では、パティシエとして活躍する大部分の人々は、専門学校で基礎を学んだ上で就職し、修行・経験を積んでいます。
国内の主要都市である、東京や大阪には様々な製菓専門学校があります。

将来パティシエになりたい場合は、自分に合ったカリキュラムやコースを実施している専門学校を見つけなければなりません。
東京の製菓専門学校のカリキュラムの大きな二本柱は、実践的な内容がメインとなる実習と、理論を体系的に学べる講義です。



製菓実習では、洋菓子の基本となるフランス菓子(パティスリー・コンフィズリーなど)など、様々なお菓子作りの基本を学習します。

製菓理論では、お菓子の歴史やレシピの分析、材料・道具などの知識や技術の理論を学習します。

その他学校によって異なりますが、食品衛生学や店舗経営学なども学習できます。



在学中に一流の講師から知識や技術を得られることはもちろん、国内外の一流店のパティシエと接する貴重な機会などもあります。



東京の学校には、2年制のコースのうち、1年次には洋菓子・和菓子・製パンの技術を学んで、2年次に洋菓子か和菓子のコースを選択する学校や、学校の校舎に併設されたケーキショップで、毎週一般のお客さん向けの製造販売実習が地域でも有名になっているような学校もあったりと様々なので、学校のウェブサイトや資料請求、実際に学校へ足を運んでみることで雰囲気を掴むことが大切です。